トップ

食事制限でダイエット

太りやすい食生活の原因とは?

当たり前だが食べると太る

・なにも考えずに食べている
ダイエットに限らず、バランスの取れた食事は健康な体や美容には欠かせません。
栄養バランスはもちろんのこと、カロリーや脂肪分などを考慮した食事内容が大切です。
健康的な食事を心がけている人の場合は、これから自分が食べる食事やスイーツなどの大まかなカロリー、食べる順番や食事にかける時間など、ちょっとしたことも考慮しながら食べています。
太りやすい食生活をしている人の多くは、なにも気にすることなく食べているようです。

・お腹がすいていなくても、時間になると食べてしまう
お腹がすいていないのに、「昼の12時になったからランチを食べようっと!」などとしていませんか?
もちろん、規則的な食生活は大切ですが、お腹がすいていないときの食事は美容と健康にもよくありません。

朝食べた食事が消化していない状態で昼食を摂ると、夕食の時間にもお腹がすきません。そして、お腹がすいていないのに時間だからといって夕食を食べると、過剰なカロリーが蓄積されて体脂肪へと変化し、太る原因となってしまいます。

・高カロリーな食べものを好む
人間が「おいしい」と感じる食事のほとんどは、高脂肪=高カロリーなものが中心です。
ケーキ・スナック菓子・から揚げなどは、サラダ油・マーガリン・バターなどが多く含まれた高脂肪なものばかりです。
太りやすい人の多くは、揚げ物やジャンクフードなどを好んで食べていることも特徴的です。

・無理な食事制限にはさまざまなデメリットが
では、太りやすい食生活を改善するために食べる量を制限するとどうなるかというと……。
食べる量をいきなり減らしてしまうと、今までのような栄養やカロリーが取り込まれなくことで、体は飢餓状態となり代謝を低下しエネルギーを蓄えるようになります。
これにより、さらに太りやすい体質になってしまいます。